Foreign eXchange

OCO注文 / FX取引の流れと注文方法

OCO注文とは(One Cancel Other注文)、異なる二つの注文を出してどちらか片方の注文が成立した場合、もう一つの注文が自動的にキャンセルされるという注文方法です。損失を限定的にするための損失確定注文と利益確定注文の二つを同時に出すことが可能な自動売買注文の一種です。

FX比較ランキング



OCO注文の特徴

OCO注文とは、ひとつの注文が約定(成立)した場合、もう片方の注文を取り消すという自動売買注文のひとつです。

たとえば、1ドル100円で米ドルを買っているとします。このとき、1ドルが95円になったら、損切り(ストップロス)をして、1ドルが105円になったら利益確定をするというような投資判断をしているとしましょう。

この場合、に1ドル105円で売り(指値)、1ドル95円(逆指値)で売りという二つの注文を出していると、たとえば、一度105円をつけたあとに、95円まで下落した場合、まず105円で保有しているドルを売った後に、95円になったら、新規に空売りをしてしまうことになります。

こうしたことを予防するための注文がOCO注文です。これは、片方の注文が成立した場合、もう片方の注文をキャンセルすることができるという仕組みになっています。そのため、先ほどの例で言えば、一度105円で保有する米ドルのポジションを利益確定した段階で、もうひとつの注文である1ドル95円での逆指値売りという注文を自動的にキャンセルすることができます。

 

人気のFX取引業者


DMM.com証券公式ページ

DMM.com証券(DMMFX)

DMM.com証券のFXサービスはコストの安さが魅力です。米ドルの取引コスト(スプレッド)は片道0.3銭原則固定(手数料は無料)と非常に安くなっています。コスト重視の投資家に人気No1のFX取引業者です。
>>DMM.com証券(DMMFX)詳細情報