Foreign eXchange

FXの取引単位「枚」とは?

FX取引の取引単位は「枚(まい)」という単位で数えていきます。たとえば、ドル円を1枚買い、売りといった感じです。では「枚」とは一体どういう単位になるのでしょうか?答えは「1万」です。たとえば、米ドルを1枚買うという場合は1万ドルを買うというのと同じです。しかし、最近ではこの1枚の単位をより小さく「1000通貨」「100通貨」とするような取引業者もあります。

FX比較ランキング



「枚」とは何か?

「枚」というのは、オプション取引や先物取引、FX取引などで使われる売買の単位を指します。通常は最低売買単位のことを1枚というように呼びます。FXの場合取引単位は業者によってばらばらなので1枚あたりの数字も違ってきます。
わかりにくくて困りますね。。。

ただし、一般的には1枚という場合は1万通貨を指す場合がほとんどです。
つまり、米ドルを買いたいという場合には、FXでは1万ドル単位での売買が最低単位ということになります。ただ1万ドルっていうと、1ドル90円だとすると、90万円で結構大きな金額です。

もっとも、FX取引では、取引にあたって必要となる実際のお金はその1/10以下ですので、上記の場合FX取引業者に9万円程度のお金を預けておけば1枚の取引ができるという計算になります。

最近では、FX取引業者もより小額から取引ができるように、1枚の単位を1000通貨単位(9万円)、100通貨単位(9千円)としている会社もあります。ですので、同じ「1枚」という場合でも業者によって取引単位が違うことがあるので注意が必要です。 たとえば、小額投資が可能な「マネーパートナーズ」では最低取引単位として1枚あたり100通貨というプランも用意しています。

ただ、一般的にFXのコミュニティなどでお話をする場合は、「1枚=1万通貨」としてお話しがされているのが現状なので、1枚=1万通貨と覚えておいて問題ないです。

 

人気のFX取引業者


DMM.com証券公式ページ

DMM.com証券(DMMFX)

DMM.com証券のFXサービスはコストの安さが魅力です。米ドルの取引コスト(スプレッド)は片道0.3銭原則固定(手数料は無料)と非常に安くなっています。コスト重視の投資家に人気No1のFX取引業者です。
>>DMM.com証券(DMMFX)詳細情報