FX比較ランキング>FX投資コラム

Foreign eXchange

FX投資コラム

FXコラムでは、FX投資をはじめとして外為投資全般やFXを活用したお得・便利なテクニックなどを紹介します。ぜひご活用ください。

FX比較ランキング



FXコラム

  1. 2014年、FXで1割以上の利益を出した人が29%、一方、3割以上の損は10%
    外為どっとコム総合研究所では2014年におけるFX投資で全体の29%に当たる人が1割(10%)以上の利益を出したと発表しました。2014年は為替相場が大きく円安に振れた1年でしたのでそうしたことも影響している者かと思います。その一方で30%以上の損失を出したという人も10.1%いるそうで、大損をした投資家も多かったようです。
  2. FXにおけるスプレッドの原則固定の「原則」という言葉の意味
    FXにおける取引コストである「スプレッド」はどの証券会社(FX会社)も「原則○銭固定」のように書いています。この書かれている「原則」という言葉にはどのような意味があるのでしょうか?原則ということは守られないこともあるということを示しているのでしょうか?
  3. FXの新規制、バイナリーオプションやくるくる詐欺への罰則
    FX取引において金融庁や金融先物業協会は新しい規制を導入する方針です。5分以内などの超短期の為替相場を予想するバイナリーオプションを禁止するほか、注文時と約定時の為替レートがずれる際に業者にとって有利な場合のみ修正するといったことを禁止する方針です。
  4. FXの取引コスト(スプレッド)が拡大する動き?手数料値上げへ
    歴史的な円高水準からの訂正相場でFX取引も大いに賑わっていますが、そのような中でFX取引手数料(スプレッド)の値上げがじわりとすすんでいるようです。従来まではスプレッド値下げ一辺倒だったFX業界ですが、ここにきてスプレッド引き上げを行う会社も出てきました。今後のFXの手数料はどのようになるのでしょうか?
  5. FX初心者向けの少額投資可能なFXが人気
    FXの取引単位というと最低単位が1万通貨単位というのが基本です。つまりドル円の場合1ドル95円だとすると95万円が最低単位となるわけです。ちょっとハードルが高いですよね。そうした声を受けてFX初心者のためにもっと小さい単位でFX取引ができる会社が増えています。
  6. 為替相場急変時はスプレッドに注意!
    FX取引をしていると、ニュースや統計情報の発表などで為替レートが大きく動くことがあります。そんなとき「チャンス」と思って売買すると大損をしてしまうようなケースもあります。理由は「スプレッド」です。相場急変時にはFX取引業者のスプレッドが拡大しやすいため取引コストが大幅に上昇するのです。
  7. FXで人生失敗しないためのリスク管理
    よく、FXはとても怖い投資だなどということを言う方やそうしたブログ、記事などを見ることもあるかと思います。たしかに、それは合っています。 ただ、これらが怖いというのはFX(為替)という投資対象が怖いのではなく、レバレッジを効かせやすいという特徴があるためです。
    今回はFXで人生失敗しないためのリスク管理についてまとめていきたいと思います。
  8. 海外旅行用の外貨にFX取引で手数料を節約
    海外旅行などに行くときに使う、外国通貨。実はこれ銀行や両替所でお願いするとかなりの高い手数料を取られてしまうんです。たとえば米ドルでも片道2円なんて当たり前です。そこで活用したいのがFXの外貨両替サービス。リーズナブルな手数料で外貨準備が可能です。意外と知らない人が多い、このテクニックを解説します。
  9. 海外FXの注意点とリスク
    日本におけるFXレバレッジ規制の影響を受けない「海外FX業者」を使う投資家の方が増えています。日本の場合レバレッジ規制によっていわゆるハイレバレッジの取引が行えなくなっていますが、日本の法令の影響を受けない海外FX業者を利用することでその規制を回避することができるとして人気を集めいてるそうです。
    しかしながら、海外FXには日本国内のFX業者を利用するのとは異なるリスクがあります。

 

 

人気のFX取引業者


DMM.com証券公式ページ

DMM.com証券(DMMFX)

DMM.com証券のFXサービスはコストの安さが魅力です。米ドルの取引コスト(スプレッド)は片道0.3銭原則固定(手数料は無料)と非常に安くなっています。コスト重視の投資家に人気No1のFX取引業者です。
>>DMM.com証券(DMMFX)詳細情報