FX比較ランキングFX取引業者の選び方>株や投資信託を証拠金にできるFX業者比較

Foreign eXchange

株や投資信託を証拠金にできるFX業者比較

FX(外国為替証拠金取引)だけでなく、株式投資や投資信託などにも投資をしていると言う方は少なくないはずです。そうした時、株や投信を証拠金とすることができればなぁ。と考える方もいるかもしれません。

株や投資信託を証拠金とすることができれば、それだけ資金効率は高まります。その一方で投資の「2階建て」状態となるわけですから、レバレッジ・リスクは高まることになります。

FX比較ランキング



株や投資信託を証拠金とすることについて

株式投資における信用取引では、株式などを代用有価証券として証拠金(保証金)に組み込むことができるようになっています。これと同じように証券会社(FX会社)に株券などを預けておくことでその株の一定割合を証拠金として組み込むことができる業者があります。

たとえば、長期投資目的で高配当株を持っているというような場合があるとします。
通常はそれとは別に資金を用意して証拠金とする必要がありますが、株や投資信託を証拠金として認めてくれる業者の場合、保有目的の株を証拠金として、追加の現金を出すことなく、FX投資をすることができます。

 

リスク・問題はないのか?

たとえば、株を証拠金としてFXをするという場合、株価の下落リスクと為替の下落リスクという二つのリスクを同時に背負うことになります。

株価が下がると証拠金も結果として小さくなります。
たとえば、100万円の株(70%分として70万円の証拠金となる)を証拠金としてFXをしたとします。
株価が100万円から80万円に下落した場合、証拠金価値は70万円から56万円にまで減少してしまいます。このとき、証拠金が不足していた場合は、追証(追加の証拠金差し入れ)が必要となります。

また、FX投資で相場急変などで大きな損が出た場合もリスクがあります。
為替相場の急変などで損失が出てしまった場合、清算するためには「現金」が必要となります。株を証拠金として差し入れている場合で決済日までに現金を用意できない場合には、株を売却してでも現金化する必要が出てきます。

この2つのリスクがあるということを理解した上で、適切なレバレッジ倍率でFX投資をすることをお勧めします。
もちろん、リスク回避のためのストップロス注文などは忘れないようにしましょう。

 

株や投信託を証拠金とできるFX業者比較

 

マネーパートナーズ

国内上場株を証拠金とすることができます。マネーパートナーズの口座に株券を映しておくことで、前営業日の70%分が証拠金として扱われます。なお、同社で株式の売買をするためには先にFX口座を開設しておく必要があります。
>>マネーパートナーズの詳細情報