FX比較ランキングFX取引業者の選び方>取引コストの安いFX業者比較

Foreign eXchange

取引コストの安いFX業者比較

FXにおける取引コストは大きく「手数料」と「スプレッド」の二つとなっています。特に超短期投資を行っている方は、できるだけコストの低い業者で取引するのが、短期投資で利益を上げるポイントの一つでもあります。
ここでは、手数料やスプレッドコストなどが安いFX業者を徹底比較していきます。

FX比較ランキング



FXの取引コストはどう考えればいいの?

FXにおける取引コストは大きく「売買手数料」と「スプレッド」という二種類があります。

売買手数料はほとんどの大手FX取引業者は無料に設定しているため、実質的な手数料コストについては「スプレッド」を考えることになります。

スプレッドとは何か?については「スプレッドとは(FX取引の基礎)」で詳しく説明しているので、詳しくはそちらを参照していただければわかるかと思いますが、簡単に説明します。

よく、テレビのニュースなどでも「ただいまの為替レートは1ドル当たり100円15銭から20銭」といったように言われることがあるかと思います。この時の100円15銭と100円20銭の間の幅をスプレッドといいます。

上の例の場合は5銭がスプレッドとなります。ここが小さいほど、売り買いするときの為替レートの差が小さくなるので投資をする際には有利といえます。

 

投資において手数料水準というものは絶対的に気にするべき項目

FXに限らず、投資において手数料(取引コスト)は「投資のリターンを確実に引き下げる項目」です。
それだけに最も投資判断を行う時に気にするべき項目だといえます。

FX取引は取引業者の手数料が競争によってかなり引きさがっています。それでも業者間でも差が存在しています。無駄な手数料は1銭でも支払うべきではありません。

尤も、比較するべき項目は手数料(取引コスト)だけではなく、使い勝手なども考慮するべきですが重要項目であることに間違いはありません。

 

手数料の安い・スプレッドの狭いFX業者比較ランキング

手数料が安い(または無料)、スプレッドの差の狭いFX業者を徹底比較ランキング。
手数料、スプレッド共に、米ドル/日本円の通貨ペアの数値を参考にランキングしています。

原則として米ドルのFX取引における「為替手数料」+「スプレッド手数料」の合計で評価しています。

今のところ、コストでFX業者を比較するなら、DMMかGMOクリック証券がお勧めです。どちらも0.3銭という非常に小さいなスプレッドでのみでサービスを提供しています。正直これで利益が出るのか不安になるレベルです。


DMM.com証券公式ページ

ランキング1位:DMM.com証券(DMMFX)

FX取引における取引コストで見ればNO1はDMM.com証券です。為替手数料は完全無料で、スプレッドコストも片道0.5銭固定という超安い手数料でFXサービスを展開しています。
取引手数料:無料
スプレッドコスト:原則0.3銭固定
>>DMM.com証券(DMMFX)詳細情報


GMOクリック証券公式ページ

ランキング2位:GMOクリック証券FX

GMOクリック証券はネット証券として代表的な証券会社の一つです。中でも手数料などコストの安さには非常に強みがあり、ツールの使い勝手についても定評があります。
取引手数料:無料
スプレッドコスト:米ドル/円0.3銭原則固定
>>GMOクリック証券FX詳細情報