Foreign eXchange

外為投資のリスク(為替リスク)とは何か?

外為の投資のリスクでは、外国為替取引(外貨投資)における様々なリスクや他の株式投資や投資信託などと比較したデメリットを紹介していきます。

FX比較ランキング



外国為替取引とリスク

まずは、外国為替取引におけるリスクを説明します。

為替レートの変動による損失リスク(狭義の為替リスク)

外為投資においては、当然為替レートが変動することで損失をこうむるリスクがあります。もちろん、逆に利益を得ることもありますが、損失が出るというのはリスクのひとつです。投資をすることで円ベースでの損失が生じる可能性があります。
ただし、為替リスクというのはあくまでも「円ベース」で資産を見た場合の話となります。「外貨投資で国際分散投資。日本リスクを回避できる」でも説明したとおり、世界的な視点でポートフォリオを見た場合、円(日本円)に偏った資産配分は日本という国のリスクに極めて弱くなります。

24時間取引できる=休む暇がない

外国為替取引は24時間取引できるというメリットがあるのですが、逆を言えば24時間為替レートが変動してしまうので、気を緩めていると、いつの間にか損をしてしまうというリスクもあるわけです。
たとえば、為替レートが動きやすい時間は世界経済でも規模の大きいアメリカの取引時間帯です。この時間帯は基本的に日本は夜間です。日本時間だと深夜に大きく為替レートが変動することもあり、怖いともいえますね。
そのため為替取引で大きな取引をする場合には、急激な変動時に対応できる「ストップロス注文」を入れておくなどの対策を講じておく必要もあります。

 

外為投資はゼロサムゲーム?

外為投資はゼロサムゲームであるといわれています。ゼロサムゲームとは経済学における「ゲーム理論」というものの用語のひとつで、片方が勝つと片方は必ず負けるというものです。
外為投資は相対的な取引が行われており、誰かが儲けていれば誰かが損をするという構造になっています。

たとえば株式市場というものは、株式市場全体に流れている資金が増大した場合パイ自体が大きくなるためゼロサムではありませんが、為替取引はそれぞれの通貨の相対的な取引です。基本的に市場が成長するということはありません。
参考:ゼロサムゲームとは?

ただし、外為市場という市場は、輸出企業のように為替レートによる差益や差損と関係の無い取引もあります。そのため、為替差益を狙う外為投資全体がNGというわけではもちろんありません。また、「外貨投資で国際分散投資」のようにリスク回避的な為替取引に関してはゼロサムゲームであることを考慮する必要はありません。

 

さて、ここまで「外貨投資のメリット」と「外貨投資のデメリット」の両方を見てきました。
次は具体的に外貨投資を行う投資商品にはどのようなものがあるのか「外貨投資の種類と特徴」を見ていきましょう。

 

人気のFX取引業者


DMM.com証券公式ページ

DMM.com証券(DMMFX)

DMM.com証券のFXサービスはコストの安さが魅力です。米ドルの取引コスト(スプレッド)は片道0.3銭原則固定(手数料は無料)と非常に安くなっています。コスト重視の投資家に人気No1のFX取引業者です。
>>DMM.com証券(DMMFX)詳細情報