FX比較ランキングFX(外国為替証拠金取引)Q&AFX取引に関するQ&A>強制ロスカットとは何ですか?どうしたら発生しますか?

Foreign eXchange

強制ロスカットとは何ですか?どうしたら発生しますか?

FX取引で売買をしていたのですが、急にポジションがなくなりました。後で調べてみたら強制ロスカットという措置だったそうですが、強制ロスカットはどうしたときに発生するのですか?

FX比較ランキング



回答:一定の保証金率を下回った時点で強制的に行われます。

強制ロスカットは、投資家の保証金率が、FX取引業者が定める一定の割合を下回った場合に行われます。たとえば、米ドル1枚につき必要な保証金が5万円という場合、100万円の保証金を預けている場合、投資できる上限は20枚です。

このとき、投資総額(枚数)が保証金の額を超えた場合にロスカットされます。たとえば、仮に20枚の投資をしており、為替レートが下がり評価損が生じて、保証金が100万円を下回った場合に強制ロスカットされます。

こうしたリスクをおさえるには、取引できる上限まで投資をするのではなく、とることができるレバレッジの大きさを知ることです。上記の例ではレバレッジは20倍ということになります。

ちなみに、強制ロスカットをされた場合には、通常の売買手数料ではなく、高額な手数料がかかる場合が多いので注意をしてください。特にハイレバレッジ(レバレッジを高め)で取引している方などは強制ロスカットには注意してください。

 

人気のFX取引業者


DMM.com証券公式ページ

DMM.com証券(DMMFX)

DMM.com証券のFXサービスはコストの安さが魅力です。米ドルの取引コスト(スプレッド)は片道0.3銭原則固定(手数料は無料)と非常に安くなっています。コスト重視の投資家に人気No1のFX取引業者です。
>>DMM.com証券(DMMFX)詳細情報