Foreign eXchange

中古住宅販売件数とFX為替レート

米国の中古住宅販売件数(ちゅうこじゅうたくはんばいけんすう)は全米不動産協会(NAR)が発表する指標。中古住宅の販売件数を所有権が移転した段階で月ごとに集計した指標となります。

住宅販売系の指標としては「新築住宅販売件数(商務省発表)」がありますが、米国においては日本と違って中古住宅の市場規模が大きいことから新築住宅販売件数よりも中古住宅販売件数の方が注目されやすい傾向があります。

住宅購入は、その後の家具家電などの耐久消費財の購入などにもつながるため波及効果が大きく、景気に対して先行性の高い指標として注目されます。

FX比較ランキング


米国中古住宅販売件数の基本データ

対象国 米国
発表 全米不動産協会(NAR)
発表時間 毎月
統計の見方・読み方 先行性の高い景気指標

 

人気のFX取引業者

DMM.com証券(DMMFX)

DMM.com証券のFXサービスはコストの安さが魅力です。米ドルの取引コスト(スプレッド)は片道0.2銭原則固定(手数料は無料)と非常に安くなっています。コスト重視の投資家に人気No1のFX取引業者です。
>>DMM.com証券(DMMFX)詳細情報