Foreign eXchange

コンファレンスボード消費者信頼感指数とFX為替レート

コンファレンスボード消費者信頼感指数は、米国の民間非営利調査機関である「コンファレンスボード(全米産業審議会)が行う、消費者調査の一つ。アンケートを行い、消費者のマインドを指数化したものとなっています。

1985年を100として指数化したもので、5000人の消費者について現状と半年後の景況感をアンケート調査して、現在の経済雇用に関する平均を現状指数、経済雇用、所得の先行きについての3項目の平均を期待指数として平均値で発表されます。

同種指標のミシガン大学消費者信頼感指数(速報300、確報500)と比較してサンプル数が多いため信頼性が高いといわれています。

FX比較ランキング


新築住宅販売件数の基本データ

発表時間 毎月月末
統計の見方・読み方 景気に対して先行性の高い指標として利用されます。

 

人気のFX取引業者

DMM.com証券(DMMFX)

DMM.com証券のFXサービスはコストの安さが魅力です。米ドルの取引コスト(スプレッド)は片道0.2銭原則固定(手数料は無料)と非常に安くなっています。コスト重視の投資家に人気No1のFX取引業者です。
>>DMM.com証券(DMMFX)詳細情報